足もとは大丈夫?お葬式にふさわしい靴選び!

お葬式に履いていく靴、どれが正解?

女性はヒールとデザインに注意

このコラムをシェアする

女性の靴はシンプルで歩きやすいもので

女性も、素材は光沢のない合皮や布製、本革で黒のものにします。やはりワニ革、スウェードなど殺生につながるイメージのものは避けます。ヒールは高すぎないものにしますが、全く無いとカジュアルな印象になってしまうので3~4cmくらいが適当です。シンプルなプレーンパンプスがベストです。ストラップつきなら金具が目立たないものならよいでしょう。
避けたいのは、デザインの凝ったものや細いヒールのもの、バックストラップ、つま先が出るデザインなどです。リボンや留め具など飾りがついたものも避けましょう。
女性は立場によっては、手伝いなどで動きまわる場面も予想されますので、出来るだけ歩きやすく、脱ぎ履きしやすいものを選ぶことも大切です。

お葬式での女性の足元、ここにも注意

女性の場合、足元はストッキングということになりますがやはり色は肌色やグレーではなく、黒にします。そして、タイツは避け、薄手で肌が少し透けるくらいのものを選びますが、寒い季節や極寒の地域であれば厚手のものでも構わないでしょう。もちろん黒でも総柄やレース柄は避けます。できればワンポイントも無いほうがいいでしょう。
シンプルな黒のストッキングはプレーンなパンプスとともに普段から用意しておくと急な弔事にもあわててコンビニを探しまわるようなことをしないで済みます。注意したいのは、家の中のどこにしまっておいたか分からなくならないようにすることです。そして、お葬式に出掛ける時にも、伝線した時のために予備を持っておくと安心です。